映画『猫なんかよんでもこない。』

ホーム
MENU

出演猫について

上映時間1時間43分、“猫”出ずっぱり!こんな映画はじめて!

主人公のチンとクロには子猫時代、
大人時代の2組が出演している。
オーディションで選ばれた大人時代の猫は、
チン役に人なつっこい“のりこ”(5歳)、
クロ役にはなぜか猫が苦手な
“りんご”(8歳くらい?)が選ばれた。

子猫時代のチンとクロ

子猫時代のチンとクロはスタッフが飼い始めたばかりの2匹の子猫を起用。名前は役名通り、“チン”と“クロ”。撮影直前段階から飼い主とはしばし別れ、名動物トレーナーの佐々木道弘氏(佐々木動物プロダクション)のもとで、映画撮影のための基本的な特訓を受け、映画に臨んだ。その無邪気さからスタッフを時には慌てさせたりもしたが、やはりまだ子供。撮影の合間にぐっすりと眠る姿に多くの撮影スタッフの疲れた心を癒したという。

チン

のりこは映画(12月12日公開の『4/猫-ねこぶんのよん-』にも出演中)、ドラマ(『深夜食堂』)、CMで大活躍中のやんちゃな女の子。隙を見つけては人の背中に飛び乗り、エンディングロールでは風間の背中で甘えるオフショットが使われている。

クロ

りんごは「待て」「おいで」の指示通りに動ける芸達者な猫だ。ボス猫のクロには猫同士のケンカシーンがあるが、りんごは猫なのに人間好きの猫嫌いで、猫や縫いぐるみが近づくだけで「シャーッ」と威嚇するので、ケンカシーンの撮影もなんなくクリア。スタッフから拍手喝采を浴びた。抱かれるとゴロゴロと喉を大きく鳴らして喜ぶので、編集段階でゴロゴロ音をややカットしたほどだ。

その他、出演猫たち

ドロップ、マップ、ソフト、ぽんず・・・佐々木動物プロダクションのスター猫が総出演!
その中でもドロップは、2013年4月から放送開始となった、NHK連続ドラマ小説「あまちゃん」でデビュー。 夏さんの飼い猫カツエを演じ一躍注目され、2013年10月公開の『陽だまりの彼女』で本格的映画デビューを飾り、最近の出演作は2015年10月公開の『先生と迷い猫』。
クロとチンもさることながら、スクリーンの中で活躍するスター猫たちにもご注目ください!