映画『猫なんかよんでもこない。』

ホーム
MENU

キャスト

風間俊介(ミツオ役)

+

1983年6月17日生まれ、東京都出身。99年に「3年B組金八先生 第5シリーズ」(TBS系)で主要生徒の兼末健次郎を演じ、日刊スポーツ・ドラマグランプリ新人賞を受賞する。その後、高い演技力を買われて、ドラマ、映画、舞台を中心に活躍する。06年には「アキハバラ@DEEP」(TBS系)で連続ドラマ初主演、11年には『前橋ヴィジュアル系』(大鶴義丹)で映画初主演を飾った。主なドラマの出演作に「それでも、生きてゆく」(11/CX系)、「連続テレビ小説 純と愛」(12/NHK)、「僕のいた時間」(14/CX系)、映画では『任侠ヘルパー』(12/西谷弘)、『映画 鈴木先生』(13/河合勇人)、『Zアイランド』(15/品川ヒロシ)など。現在、時代劇「ぼんくら2」(NHK総合)がOA中。12月に新国立劇場で上演される舞台「バグダッド動物園のベンガルタイガー」に出演が決定している。2016年も岡田准一、阿部寛共演の大作『エヴェレスト 神々の山嶺』(16/平山秀幸)の公開が控えている。


つるの剛士(兄貴役)

+

1975年5月26日生まれ、福岡県出身。97年「ウルトラマンダイナ」(TBS系)の主人公アスカ隊員役で大人気に。その後、明るく素直なキャラクターを生かしてバラエティ番組にも進出し、08年に結成したユニット「羞恥心」で大ブレーク。09年にカバーアルバム「つるのうた」をリリースし、15年5月にはアルバム「つるのうた3」を発表するなど、現在も精力的に音楽活動を行う。一男三女の父親でイクメンとしても知られ、趣味の将棋、釣り、サーフィン、野菜作りは玄人はだしで専門番組や雑誌に出演する程の腕前を持つ。映画出演作は他に『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』(98/小中和哉)、『トワイライト ささらさや』(14/深川栄洋)など。


松岡茉優(ウメさん役)

+

1995年2月16日生まれ、東京都出身。2008年「おはスタ」(テレビ東京)のおはガールとして本格的デビュー。その後、『愛のむきだし』(09/園子温)、『桐島、部活やめるってよ』(12/吉田大八)、『悪の教典』(12/三池崇史)などの話題作に出演して頭角を現す。13年には国民的人気ドラマ「連続テレビ小説 あまちゃん」(NHK)の入間しおり役で一躍注目の的に。以後、『リトル・フォレスト 夏・秋』(14/森淳一)、『リトル・フォレスト 冬・春』(15/森淳一)、『サムライフ』(15/森谷雄)など映画やドラマでの出演作が続き、「She」(15/CX系)では連ドラ初主演に輝く。医療ドラマ「コウノドリ」(15/TBS系)でもヒロイン役を熱演しており、映画の公開待機作は若手実力派が集結した2部作『ちはやふる』(16/小泉徳宏)がある。本作で風間とはドラマ「銀二貫」と『映画 鈴木先生』以来3度目の共演となる。


市川実和子(大家さん役)

+

1976年3月19日生まれ、東京都出身。91年にファッションモデルとして「Olive」「an・an」「CUTiE」などで活躍し、個性的なかわいらしさでカリスマ的人気となる。女優デビューは00年のホラー『アナザヘヴン』(飯田譲治)。映画初主演した『コンセント』(02/中原俊)で高い評価を受け、以後はモデル業と並行して映画やドラマ、舞台に多数出演する。代表作は『リリイ・シュシュのすべて』(01/岩井俊二)、『八日目の蝉』(11/成島出)、『ソロモンの偽証』(前・後篇/15/成島出)など。

スタッフ

山本透(監督))

+

1969年3月20日生まれ、東京都出身。武蔵大学を卒業後、TV番組制作会社勤務を経てフリーランスの助監督になる。以後、ドラマや映画など多数の作品作りに関わり、山崎貴、利重剛、平山秀幸、中村義洋などの助監督として活躍している。長編映画初監督作は08年の『キズモモ。』(脚本も担当)。12年には麻生久美子と大泉洋が競演したホームコメディ『グッモーエビアン!』がスマッシュヒット。同作でヒロインの三吉彩花に第67回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞をもたらした。2015年10月16日に公開した冒険コメディ『探検隊の栄光』では藤原竜也とタッグを組んでいる。現在、短編映画『Do You Belive in Love?』の編集中。


林民夫(共同脚本)

+

91年にTVアニメ「サザエさん」で脚本家デビュー。以後、アニメや特撮番組を多数手掛け、06年に中村義洋監督作『ルート225』で注目される。その後、中村監督作品では『フィッシュストーリー』(09)、『ゴールデンスランバー』(10)、『白ゆき姫殺人事件』(14)、『予告犯』(15)で脚本を担当している。15年には大ヒット作となった『永遠の0』(13)で第38回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した。


佐々木道弘(アニマルトレーナー)

+

佐々木動物プロダクション代表。動物園、動物プロダクションでの経験を経て、同プロダクションを設立。タレント犬、タレント猫のトレーニングにおいて定評がある。特に猫の演技力は高く評価されており、「連続テレビ小説あまちゃん」(13/NHK)や「最後から二番目の恋」(12/CX系)、『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』(13/御法川修)、花王「ペットケア」などで起用されている。2015年10月10日公開の『先生と迷い猫』でもアニマル・アドバイザーとして協力している。