爆笑必至!2021年最新作コメディ映画7選

何か新しい作品をお探しですか?この大変な時期だからこそ、笑いたくてウズウズしていませんか?ここでは、あなたの一日が100%明るくなること間違いなしの、爆笑必至な今年のベストコメディ映画をご紹介します!

『バッド・トリップ ~どっきり横断の旅~』

このNetflix映画は、フロリダからニューヨークへロードトリップをする2人の友人を描いていたストーリー。悪ふざけなどのクレイジーな冒険が満載で、嬉し涙が止まらなくなること間違いなし。

エリック・アンドレやティファニー・ハディッシュなど、コメディ界のビッグネームが出演する『バッド・トリップ ~どっきり横断の旅~』は現在公開中です。

『モキシー 〜私たちのムーブメント〜』

女優エイミー・ポーラーにかかると、すべての映画がヒットコメディになります。本作では、母親の反抗的な十代に影響されて、学校での性差別を訴える雑誌を発行した16歳の女性が、エイミー・ポーラー独特のユーモアを交えて描かれています。

『スポンジ・ボブ: スポンジ・オン・ザ・ラン』

懐かしいものが大好きな方なら、スポンジ・ボブの新作映画はいかが?豪華な声優キャスト陣が揃ったこの作品では、スポンジ・ボブがペットのカタツムリ「ゲイリー」を探す冒険に連れ出してくれます。

楽しいシナリオ、素晴らしい声優たち、そして子供にも大人にも通用する他愛のないジョークが満載です。

『サンダーフォース -正義のスーパーヒロインズ-』

女優メリッサ・マッカーシーがついに新作コメディの出演を果たしたので、ファンにとっては嬉しいニュース。

女優オクタヴィア・スペンサーとメリッサ・マッカーシーは、人に超能力を与える方法を発明した科学者のスペンサーと、その血清をたまたま飲んでしまった親友のリディア、という素晴らしいコメディの二人組を演じています。彼女らは犯罪撲滅のためのチームへと変身していくのです!

メリッサ・マッカーシーは近年、『タミー』や『スーパーインテリジェンス』などの失敗作が多かったので、今回の新作では果たして名誉挽回になるかどうか期待したいところ。彼女の夫が映画監督で、夫婦二人でいつも良いチームを作っているのだとか。

『クルエラ』

エマ・ストーン、マーク・ストロング、エマ・トンプソン、その他多くの素晴らしい俳優が出演している作品。ディズニーのアニメ映画『101匹わんちゃん』の悪役クルエラ・ド・ヴィルを描いているのですが、多くの人にとって全く新しい視点をもたらすことでしょう。

クルエラ・ド・ヴィルの名前の由来、そして強迫観念など、特徴的なポイントが描かれています。例えば、たくさんの犬を連れたファッション・デザイナーのサブストーリーでは、ホットでスタイリッシュに見える彼女が、とても邪悪で錯乱した人物であることがわかるのです。

あなたは彼女を応援しますか?それとも彼女の美貌と魅力に誘惑されることを拒みますか?名作のリメイク作品が苦手な方でも、可愛いファッションシーンや見ごたえある強盗シーンを楽しめますよ。

『ゴーストバスターズ/アフターライフ』

本作は『ゴーストバスターズ』の2度目のリメイクで、新型コロナの影響による延期を経てようやく公開に至りました。この映画は、みんなが大好きなオリジナル映画へのノスタルジーに満ちています。

『アントマン』でその実力を証明したポール・ラッドは、ゴーストやトラップ、プロトンパックについて、新世代のハングリーな若者に教えていくことに…。ファンならば絶対に見逃せません!

『ザ・バブル』

この映画の公開日はまだ未発表ですが、今年中には公開されるでしょう。本作は、新型コロナが猛威を振るうなかで、映画を完成させようとする女優たちを描いた、ジャド・アパトー監督による防疫コメディ。

とてもメタ的な作品で、防疫ジョークや隔離中に笑えるものが尽きてしまった時に、フレッシュなパンデミックのユーモアを見つけられること間違いなしです。

Liked Liked